少子化、若者流出、過疎化、人手不足、市場縮小、地方の海外・デジタル対応の遅れ、所得低下、地域の活気低迷…地域の様々な課題に対し、学生が主役となって、外国語とデジタル活用の画期的な輸出手法で解決を目指す新サービス


J-Tube Youth プロジェクト


①学生がJ-Tubeの取材ノウハウを学び、地域の製品を海外に対応できるように取材
②学生が製品情報を英訳、撮影、録画し、海外営業用動画を制作。
③地方の中小企業の海外対応環境を低コストで整備
④準備不足のまま発生することもあった展示会、通訳・翻訳費、渡航費、宿泊費を一括カット。
⑤企業の輸出準備がそのまま学生のアルバイトとなり、学費を補助
⑥学生が就活前に地域課題に触れ、企業を手伝う経験を獲得。
「ITと外国語が将来どう役立つか」を学生が地元で実体験。
産地と海外の「一次情報」を人工知能で直結し、地域のAI対応推進。(2020年4月以降)
⑨AIで集めた商品、原料、産地、買い手の情報をDB化して自治体に還元。(2020年4月以降)
当事者意識と主体性を持つ学生の地域参加で、地方の海外対応レベル向上。



▼J-Tube Youth 対象者様別のご説明

①地方都市の中小・零細企業の皆様へ(▼詳細)

②学生の皆様へ(▼詳細)

③地方自治体・経済団体の皆様へ(▼詳細)

④大学の皆様へ(▼詳細)

⑤展示会運営会社の皆様へ(▼詳細)


▼J-Tube Youthとは ~素早く仕組みを知りたい方への簡単なご説明~



▼お問合せ・お申込みページ