「消費者主導の地産地消」でふるさとの経済がよみがえる!

〜話題のビジネス書『コスパ病』から故郷再生の新たな視点を学ぼう〜


【内容】

 

第1部 「コスパ病」をテーマとした講演

自損型輸入、消費者主導の地産地消など、コスパ病のキーワードに触れながら経営に役立つ情報を提供します

 

第2部 ディスカッション

様々な事例を紹介しながら、参加者の皆様と意見交換を行います


講師:小島尚貴
「コスパ病」著者

【講師略歴】

1975年福岡県出身。1995年西南学院大学経済学部を中退し、マレーシアの貿易会社に入社。帰国後は福岡市の経済誌出版社にて記者として活躍。


25歳の時編集・翻訳業務で独立し、ビジネス教育事業を経て2009年から貿易事業を開始。セルビアの貿易会社、マレーシアの中堅ゼネコン、香港の投資ファンドの役員を経て2011年から輸出・国際技術移転事業を手掛け、2014年にJ-Tech Transfer and Tradingを設立。

2018年より熊本県八代市の海外マーケティングアドバイザー、公益社団法人福岡貿易会アドバイザー。



事前に『コスパ病』貿易の現場から見えてきた「無視されてきた事実」を読まれてからご参加されることをおすすめいたします。

amazonのサイトにてご購入可能です
(下記の画像をクリック頂ければ販売ページに移動します)

 



【書籍『コスパ病』を取り扱ったページのご紹介】

 

大学生の感想・福岡女子大学での講義動画

 

メルマガ「国際派日本人養成講座」



【セミナー情報一覧】

 

日時:2月9日(木) 18:30〜20:30
会場:吉野ヶ里町文化体育館コミュニティルーム3
※オンライン(Google Meet)のご参加も可能です
会費:1,000円/人
定員:先着32名 (当日参加OK) ※オンライン参加に定員はありません

講師:小島 尚貴 (『コスパ病』著者)

 



お申込みフォーム

※本セミナーに関するお問い合わせについては、主催者・YSG(よさげ)担当:古賀までメールにてお願いいたします。
yosage385@gmail.com


メモ: * は入力必須項目です